観光情報

更新日:2018年09月14日

ごかせ観光協会

観光マップ

五ヶ瀬町の観光スポットを紹介します。

五ヶ瀬町観光マップ

名所案内

(1)五ヶ瀬ワイナリー

五ヶ瀬産ブドウを100%使用した「五ヶ瀬ワイン」の醸造所として2005年12月にオープンしました。夕日が美しいスポットとしても注目を集めています。

(2)うのこの滝

落差20メートル、滝つぼ面積約5,000平方メートルで、山あいの樹海がぽっくり落ち込んだような滝つぼに流水が落ちて行く姿は大変美しいです。

(3)浄専寺のしだれ桜

浄専寺は、1615年開基とされ、敷地内にあるしだれ桜は樹齢およそ300年で宮崎県の天然記念物に指定されています。毎年3月下旬から4月上旬に淡紅色の花を咲かせ、訪れる人を魅了します。

(4)三ケ所神社

西暦900年後半後半頃に創建され、本殿の建設風と彫刻は宮崎県有形文化財に指定されています。春には、境内の約12,000本のシャクナゲが咲き誇ります。

(5)祇園の大ヒノキ

うっそうとした杉林の中に1本の異形の巨木がそびえ立っています。推定樹齢は700から800年、幹周り7.8メートル、高さ2.5メートルほどの位置から8本に枝分かれしています。

(6)祇園山

4億3千万年前の化石が発見されたことから、地殻変動により九州島で最初に顔を出した山として「九州島発祥の地」と言われています。

(7)妙見神水

「平成の名水百選」に認定された妙見神水は祇園山の麓の妙見神社の一角に湧き出ています。古くから「授乳の神水」として崇められています。

(8)五ヶ瀬渓谷

国道265号線に沿って清らかなせせらぎが続いている五ヶ瀬渓谷。標高が高く、冷涼な気候なため秋は色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。

(9)白滝

国道265号線から約2キロメートル山あいに入った五ヶ瀬川の支流に落差60メートルの白滝があります。新緑や氷結、紅葉の奥に白糸を引くように流れる姿を見ることができます。

(10)五ヶ瀬ハイランドスキー場

日本最南端の天然雪スキー場です。最上部は標高1,610メートル、ゲレンデから望む阿蘇や久住の大パノラマは絶景です。

(11)特産センターごかせ

国道218号線、宮崎県と熊本県の県境にあり、五ヶ瀬町内の新鮮野菜と特産品を販売しています。また食堂では五ヶ瀬町の食材をふんだんに使ったメニューをご用意しています。

(12)五ヶ瀬温泉 森の宿 木地屋

低張性アルカリ冷鉱泉の天然温泉「美人の湯」と、山・川の幸を使った季節の料理がもてなしてくれる温泉付き宿泊施設です。温泉のみのご利用、スポーツ合宿にもご利用いただけます

農村民泊

農家のお宅に泊る五ヶ瀬町農泊体験へお越しください。

農泊マップ
この記事に関するお問い合わせ先

企画課 商工観光グループ
電話番号:0982-82-1717
ファックス番号:0982-82-1723
​​​​​​​メールフォームによるお問い合わせ